2006/11/19

「DEATH NOTE -the Last name-」

デスノート後編観てきました。

有りか無しかで言うと、私は無しだな…。
他の方のレビューなんかは一切読んでないので、評判はどんなものなのかも分かりません。
あっ…「L好きならそれだけで観る価値有り」とかいうのをどっかで聞いたけど、それはまあ…そうかな?
どうでしょ。
藤原竜也よりは松山ケンイチくんの方が、弟に欲しいタイプではある(^^)

↓以下ネタばれ有りです。



なんつーか、期待し過ぎたのかな?というかんじ。
実際期待してたかというと、特にそうでもないんだけど(^^)
前編はまあまあ面白かったので、あのテンポというかテンションというか、頑張って保って欲しかったかなあ。
後編の後半は、なかなかグダグダですよね?
原作読んでませんので、的外れなことを言ってたらすみません。
あっ私、前編見て思ったんだけど…死神がさあ、CGでしょ?
あれが嫌なのですよ。
あれは原作に忠実なかんじですか?
でも他は実写なんだから…もうちょっと自然な感じにならないものなのかしら。。
HAKUEI氏とか美形な人使ってさ、特殊メイク+CGの方が良かったかなぁなんて。
まあ私の好みですけども。
観てるの疲れてきたのは、キラ代理の女子アナ高田を捕まえて、デスノートに触れたLその他捜査本部の面々。
当然皆死神が見えるようになりますが、、それがもう、萎え萎え。
テーブルを囲んで会議中、死神に質問しちゃう捜査本部の面々なんて、「和むんじゃーない!」と怒りたいw
しかし死神の存在を認めないことにはLの勝利はありませんので、L一人が見えるようになるとか…せめて、あと父くらいでも良かったのでは、と思った。
なんつーか、とにかくグダグダ!な印象。
月の名前をデスノートに書き込んだリュークの台詞もあんまり…。
個人的には前編であった「お前、悪魔だな」が良かったw
映画そのもの以外(原作、原作レビュー、映画レビュー、ファンの話等)はほんとに知識ありませんので、つらつら書くと色々突っ込まれそうですが(^^;)
その辺はお手柔らかに、願いたいです。
そして最グダグダポイントは、月が死んでから、10分?15分くらい?だらだら続き過ぎたかなと。
月が死んで、Lがアップで最後に板チョコかじりながら勝利の決め台詞wでエンドロール、で良かったと思う。
パキっとスパっと終わって欲しかったわー。
posted by 華名 | 音楽、映画、他

漫画のお話。

わたくし以前ネカフェで1年弱働いていたことがあり、漫画は結構色々読んでます。
完結してないもので読んでるのは、「20世紀少年」「ブラックジャックによろしく」「ONE PIECE」「BLEACH」「サイコ」「BECK」「RAINBOW」くらいかな〜。
他にもありそうですが思い出せない(^^;)

ジャケ買いならぬ、「ジャケ読み」「タイトル読み」よくやりました。
タイトル読みして面白かったのは「エンジェル伝説」…。
全然想像と違う内容だった。
私も北野くんの容姿だけで判断してしまったw
当時、他のバイトの漫画好きな子に、「のだめカンタービレ」薦められたけど読まなかったな〜。

バイト先で休憩中に読む漫画が無くなったら、懐かしい漫画を読んでたのです。
「赤ちゃんと僕」は連載当時に家の誰か(多分、母?)が買ってたので読んでました。
「赤ちゃんと僕」、そういえば最後まで読んでなかったのねー、という感想…。
「僕の地球を守って」もまた読もうとしたけど、疲れそうなので辞めたw
「WORST」のシリーズも確か5巻くらい読んだけど、坊主のヤンキーばかりたくさん出て来て見分けがつかないから読むの辞めたww
懐かしいシリーズで、一番懐かしいの。
高瀬由香「DOKI・DOKI」。
なにこのタイトル、ですよねw
15年くらい前に雑誌「ちゃお」で連載していて、私、大好きでした。
コミックスも持ってた。
とっても少女マンガ的でね、とっても恥ずかしいかんじなんだけど、甘酸っぱくてキュンとするのですよ!w
ラストどうなるんだったかなあ。
途中まで読み直したんだけど。
最近の少女マンガでは、「ピーチガール」というのを読みました。
軽く検索してみたら、アニメ化までされてるんですね。
店に16巻までしか無くて、ラストは知らないのですけど、途中何回か泣いた…w
この辺は一冊10分かからず読めます。
ネカフェで中途半端に時間が余った時にお薦めです。
「20世紀少年」はやや難解だけど、絵がでかいのでこれも一冊15分くらい。
「ONE PIECE」は絵が小さくて台詞が多くて、隅々まで見ながら読むので3〜40分かかります(^^;)

「パタリロ!」、超好き。
1〜40巻くらいまでは、本当に面白い。
1巻なんて読む度転げるくらい笑うw
「天上の愛 地上の恋」というのも好き。
実家にまだコミックス置いてある。
処分せずにとってあるのは、「天上の愛 地上の恋」「BLACK JACK」「パタリロ!」「銀河鉄道999」「どいつもこいつも」とあとひとつあるんだけど…これは言えないので秘密(^^;)

今度「DEATH NOTE」読もうかな〜。
posted by 華名 | 音楽、映画、他

2006/11/20

解散。

gtr.jpg


バンドの解散は寂しいことですね。
「解散」「活動休止」「活動停止」等と発表されます。
言い方の違いだけで、指し示す意味は同じだと思います。

解散の理由はそのバンドの数だけあると言っても過言では無い…かな?
音楽性や方向性の不一致、性格不和、家庭の事情、経済的な問題だったり、色々あるでしょうが、公表される「理由」は、オブラートに包まれることが多いです。

しかしあれです。
なんとなく、少しずつ少しずーつ活動ペースが落ちていき、いつしかフェードアウトなバンドもあります。
多々、あります。
悩んでる間にタイミングを逃したのだろうけど、これは一番嫌ですよね。
最低だと思いつつ、ファンは思ってるより、いつまでも期待して待ってるものです。
私自身、待ってるバンド、いっぱいいます。
きちんと説明有りで解散したバンドもありますが、公式サイトまで放置したままのバンド…大好きだった、いや今も大好きで、きっとこの先何年経っても待ってます。
今はそこまでのめり込むバンドがいないですが(解散したので…w)、○○が解散するらしい、××も解散だって、等と耳にすると、切なくなります。
無理をして続けるのが良いことではないけれども、なるべくならそこに、存在していて欲しいものです。

若かりし頃ですが、当時は好きなバンドがいて、そのバンドを中心に、私の生活はぐるぐると廻っていました。
特に十代の多感な時期なら、強く影響も受けるし、感情的にもなりがちです。
一番大切で、何より愛しいもの。
失ったとき、その悲しみは計り知れません。
その点では少しずつフェードアウトするバンドは、ある意味では優しいですねw
ショックがあんまり、無いからね…。

好きなバンドが解散して、元メンバーがまた新たにソロなりバンドなり、音楽活動を始めたりします。
CDを買ってみたり、一応はするのだけど、それだけなことが多いです。
解散したバンドの、その後にのめり込むことってありません。
それは多分、こちらから歩み寄らないからだと自覚もありますが、その後の活動に、がっかりさせられることも度々です。
続きではなく別物なのだから、妙な期待はしてはいけないのかもしれません。

そのバンドの、音楽はもちろんですが、バンド全体のバランスだったりって、とても大切なものです。
当たり前だけど、全員が、減ることも増えることも無く、コンスタントな活動を続けてくれるのがファンとしては理想です。
誰かが減って、また代わり(というのも微妙ですが)が増えるくらいなら、解散の方が良いと思うこともあります。
むしろそう思えるくらいのバンドの方が、素敵な気がするのです。

先に書きましたがフェードアウトが一番最低です。
公に発表は無く、実質休止状態になり、そのまま…なんて、放置プレイもいいとこです。
そういうの、生殺しって言うんです。
仲違いな解散の場合はなかなか難しいでしょうが、やっぱりきちんと説明があり発表があり、最後にはライブ、してほしいよね。

なんだか何を書きたいのか分からなくなってきましたが…解散は悲しいねってことです。
posted by 華名 | 音楽、映画、他

2006/12/04

「14才の母」

TVをだらだらとつけっぱにするのが好きでないので、ドラマもあまり観ません。
観るのは豊川悦司の出演作だけ…と言っても過言ではない(^^ゞ
豊川悦司は大好きで、ただいまDVDを絶賛収集中です。
ただ、一年ほど前に購入したきり未だ観てないものが三本ばかり…観たい気持ちが無いわけではないですが、まだもう少しあたためておきたいのですw
買ってすぐ観ないなら買わなきゃいいんだけどね…こんなところでもコレクター気質が垣間見れるわけです。

話が逸れましたが、今期は珍しく二本のドラマを観ています。
ひとつは「僕の歩く道」。
シリーズの前作と前々作を観てましたので、では今回も観ましょうか、ということで観ています。
小日向文世が良いですね。
そして香里奈が美人…私の理想の顔です。
佐々木蔵之介も良い。

で、「14才の母」ですが。
前日に録画していた「僕の歩く道」を観ましょうーって時にちょうど始まって、そのままずっと観ています。
志田未来演じる未希が可愛くて…こんな良い子で可愛い中学生、いるか?ってかんじですが(^^ゞ
あ、そんな真面目で純粋な子が…って話なんですけど。
このドラマは室井滋がいいですねー。
14才の女の子がただ一度の過ちで妊娠、幼いながら一人で産み育てると決意し、家族に支えられ…とこんなお話ですが。
ただの、我儘では?と思うわけです。
今はきっと本気で考えて、本気でもうずっとこの先頑張る!!て思ってるのだろうけど。
結局は親に任せっぱになりそうです。
周囲の人間は、理解があり過ぎる。。
そんな人たちに囲まれて育ったからこその未希の純粋さや素直さなんですのね。
ぶっちゃけ観ながら毎回一度や二度涙ぐむw
智志は観ているだけで苛々します(^^)
でも先週の回の彼はなんだか良かった。
会社はどうなるかな?
倒産し自己破産、慎ましい生活を送ることに…となりそうかな?
でも持ちこたえるのもありかなと思います。
未希の両親とは和解するかしら。
智志が大人になったら籍を入れて…とかの「○年後…」みたいのはやらなくていい(^^ゞ
つか志田未来のビジュアル的に無理があるか。。
三浦春馬のほうは背もあるしなんとかなりそう。
彼はもう少し、顔に表情が出るといいですね。
元々表情が豊かでない子なのではと推測。
志田未来ももう少し、柔らかくなるといいかなあ。
今週はついに出産!だって。。
楽しみ…。
posted by 華名 | 音楽、映画、他

2006/12/05

ミュージックプレイヤー

wm.jpg


シャッフル再生とは、iPod shuffleにおけるランダム再生、ということでいいですか?
私のミュージックプレイヤーはW42S…Sony EricssonのWALKMANケータイです。
夏、iPod的なミュージックプレイヤーが欲しいなあと思っていた時に当時使用していたW21SAが壊れ、両方新しく買うのは経済事情的にあれなので、WALKMANケータイを購入しました。
ぶっちゃけ携帯電話としての機能は微妙です。
まあでも荷物がひとつ減ったのは嬉しい(^^)
容量ですが、楽曲専用のメモリが1Gです。
約600曲くらい。
外部メモリはメモリースティックPROデュオです。
ソニーですので。
で、所謂ランダム再生というやつ、「そんなの邪道だ!」なんて思ってましたの。
1枚のCDをランダムで…は今もあまり、です。
でもね…全曲再生にしてランダムにするのが最近のマイブームw
おっそうくるか、えっ何その選曲、となるわけで、楽しい(*´艸`)
ちなみに今現在、209曲入れてます。
半分以上、BUCK-TICKです。
ランダム再生にしても、BUCK-TICKが5曲くらい普通に続きます。
BUCK-TICK特集状態です。
近いうちにLaputaのCDを実家から大量に持ってきて、入れる予定…。
100曲近く増えるかなー。
Deshabillzと螺旋ウィルスも入れたい…椎名林檎と(*´艸`)
ただソフトが微妙に使いにくいんですね。
聞くところによるとiPodのソフトは使いやすいそうで…auさんしっかりしてくださいよ(´Д`)
慣れたけどね…ああいうのって、いえああいうのに限らず家電なんかもそうだけど、マニュアルとか見なくても感覚的に使えるもんじゃないですか。
でもあれはマニュアル見ないと転送できなかったり、間違って消したり何回もした…それとも私があほなのかしら。
posted by 華名 | 音楽、映画、他

2006/12/08

映画のお話。

私、あんまり映画も観ないほうなんです。
本も読まないし…好きなんですけど、基本的になにかと腰の重いだめ人間です。

映画館で観た映画…「八墓村」「もののけ姫」「キャシャーン」「28日後」「ヴァン・ヘルシング」「ワールドトレードセンター」「日本沈没」「デスノート前編・後編」。
他にもニ、三本あるはずですが思い出せない(^^;)
こどもの頃はドラえもんとか観に連れてってもらってましたw
期待外れだったのは「キャシャーン」と「ヴァン・ヘルシング」。
どちらもまあまあ面白かったんだけど…観てからずいぶん経つので記憶も少しあいまいですが、「キャシャーン」は頭のあれ、被らないし…w
吹っ飛ばされてるし。
「ヴァン・ヘルシング」は、世界観とかヴィジュアルとか、CGきれいだし好きなんだけど、最後はゴジラ対キングギドラみたいになっちゃって、あんたそれ、ヴァン・ヘルシングじゃなくてもいいやんwwというかんじ。
あと、ラストがどうも。。
いつの間にそんな男女の関係に…(^^;)と、ドラクエX以来の衝撃です。
そして空に顔浮かぶなと。

VHSやDVDでは他にも色々観てますが…一番好きなのは、アランパーカー監督、マシュー・モディン、ニコラス・ケイジ主演の「バーディ」。
1984年、アメリカ作品です。
とっても地味な映画なんですが…大好きで、大袈裟でなく100回くらい観ています(^^;)
この作品については好き過ぎるので、また後日つらつら書こうと思ってます。

公開当時に観たかった映画、たくさんあります。
その後観たのもあるけど、観ずじまいなのが多いなあ。

鬱になると評判の「ダンサー・イン・ザ・ダーク」。
これも公開当時観たくて、今の彼氏がDVD持ってるので、家で一人のときに大泣きしながら観ました。
ビョーク演じるセルマが、「最後から二番目の歌で、劇場を出るの。そうすればミュージカルは終わらない…」と何度も伏線を張ってるのに…あああ観ちゃいけないんだ、早く止めなきゃと思いつつ、最後まできっちり観てしまいました。

あとね、何故か途中までしか観てないのもいくつかあります(^^;)
なんなんだろうか。。

収集してるのは豊川悦司の出演作と、アラン・パーカー監督の作品。
アラン・パーカー監督は「バーディ」の他、「ザ・コミットメンツ」「ミッドナイト・エクスプレス」が家にありますが…「ザ・コミットメンツ」はまだ観てません。
あたためるのが、趣味なんですw

TVをあまり観ないので、新作の話題にも敏感ではありません。
豊川悦司の出演作はチェックしてますが(^^)
「日本沈没」の田所教授は良かった…。
posted by 華名 | 音楽、映画、他

2006/12/14

「14才の母」次週最終回!

産まれましたねえ。
とってもとってもちいちゃいです。
14才の母、未希もちいちゃいですよね。
150cmちょいくらいかなあ。
今週は、新生児科医?小児科医?の役で突然現れた反町隆史に少し笑った…。
何故反町?
なんか似合わないぞ。
次週は遂に最終回!
予告編のかんじでは、ベビーの容態が急変…死んじゃうのかな。
やだなあ元気に育って欲しいなあ。
先のことは分からないけど、一応ハッピーエンドにしてほしいー。
室井滋演じる智志の母は、自殺はないと思うので、、智志にとりあえずあるだけの金を残して、失踪?かな。
そんなのやだ、つまんない。。
それならどっかで金を作って、「ほほほ!」と高笑いしながら戻ってくるとこまでやってほしいな。
あー最終回楽しみ!
「僕の歩く道」も楽しみ!
そして新春からの連ドラ、篠原涼子主演「ハケンの品格」…私、篠原涼子さん大好きなんです(*´Д`)
でもドラマもバラエティーも、ほとんどチェックしてませんけどw
「ハケンの品格」は番宣見てしまったので気になるー。
ま、先のドラマは置いといて、、とにかく次週最終回!
北村一輝演じる波多野、、戦地を取材し銃を手に取り戦うこどもたちを思い、今の日本のこどもは甘ったれてると憤りを覚え、銃ではなくペンで戦う記者ですが、自分たちの犯した過ちに必死に向き合う未希と智志に、優しい言葉をかけたりもするのかしら。
基本的にもともと良い人なんでしょうが、敢えてそこは良い人になっちゃわないでほしいかなあ。
posted by 華名 | 音楽、映画、他

2006/12/22

「14才の母」

終わりましたね!
最終回、さっき観ました。

未希が14才で出産したことについて、最終的に否定的だったのは近所の人だけだったような?
TV的にそれはどうなんでしょう(^^;)
でもこどもは死ななくて良かったねえ。
智志母も。
ふたつの家族は和解しましたね。
桐野親子は頑張って働いて。
柳沢さんが美人でないのに妙に可愛いのは何故でしょう?
智志と未希は、、結婚の約束かあ。
波多野もなんだか優しくってさ。
…ちょっとハッピーエンドにし過ぎでは…いや、ハッピーエンドがいいなあとは思ったけど。。
しかし未希と智志が二人して働く働くって騒ぎだすのはうざい…じゃなくて、馬鹿だなあ、と。
自分たちの親が甘えさせてくれるうちは、甘えるべき。
人の親になったからって、未成年なんだからね。
学歴だけが全てでないけど、中卒で働いてこども育てながら学費を貯める…なんてまず無理でしょ。
二人の幼い主張は、それこそ親として通させるべきでないですよ。
いやまあドラマなんだし、いいんだけど。
最終回、もっと泣けるのかと思ってけど、泣き所が無かったなあ。
あ、あと未希父の会社のシーンが欲しかったー。
同僚に冷たい目で見られつつ、「産まれたんだよ、可愛いんだよ〜」っていうのが欲しかった…w
posted by 華名 | 音楽、映画、他

2007/01/26

「愛の流刑地」

レイトショーで観てきました。
悦司…やばいハァハァ(*´Д`)
…今のは冗談です。
美しかった。
寺島しのぶは地味で清楚で、良いですね。
豊川悦司との共演を観るのは、一昨年のTVドラマ「太宰治物語」以来、私は二度目でした。
太宰の妻役ではほったらかされな寺島さんでしたが、今回は会社員の妻として三人の子供を育てながら30を過ぎ、ふと出会ってしまった憧れの作家によって、愛されることの悦びを初めて知る…という役柄です。
愛する人が望むから、幸せなまま、その時を止める。
…はあ、私には無理だな。。
いやそんなことはどうでもいいけどw
キャスティング、妙に豪華です。
検事・織部美雪役の長谷川京子…この人、、下手過ぎだな。
重要な役どころなのに、割と台無し感があります。
あーあ…、てかんじ。
美人なのでそれはいいんだけど…一昔前なら、松雪泰子なんかが良かったな。
佐々木蔵之介、、いいなあ(*´ー`)
あ、、なんか映画の話、できそうにないなw
始まる前の予告でねえ、「魂萌え!」が流れた。
悦司、ほんとにたくさん出てるなあ。
魂萌え…私は悦司萌えですが?
「魂萌え!」は「顔」の阪本順治監督なんですね。
音楽も同じ、アコーディオニストcobaさん。
観たいなあ。
良さげです。

2007/03/07

誕生日!

B-T.jpg


本日はBUCK-TICKあっちゃんの誕生日です!
あっちゃんおめでとーうヽ(*´∀`)ノ
使いまわしの似てないイラストレーション。
ポッ…とさせてみた。